仲川とコシアキトンボ

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。

これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

キトー君て今話題みたいね!効果はあるの?
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です