矢部の長田あつし

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
マカナサプリはそんなに人気なの?

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です