岡村の寒河江

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

ふんわりルームブラの口コミや効果が凄い!でも本当?徹底検証!
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です