プロトプテルス・アネクテンスとマトーヤ

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。

これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

エクスレッグスリマーの口コミや効果が凄い!効果は本当か?
まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です