Backyで川畑

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

白井田七で健康効果?白井田七の効果は本当か?
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも十分あり得ます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です