まりりんと徳永暁人

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

ふわっとマシュマロブラって効果あるの?口コミや効果を徹底検証!
けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です