えみりぃと豊田

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
ボニックプロは効果あるの?話題みたいだけど?

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です