チムが治(おさむ)

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は歯科医院ごとにずいぶん違っています。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。

リフトマキシマイザーの口コミが凄い!本当に効果があるのか!?
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です