谷崎がヨナグニサン

最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
クリアポロンっていいの?!効果や口コミ徹底検証!

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です