下野で矢代

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

とうきのしずく(透輝の滴)効果や口コミを徹底検証
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です