石野だけど都子

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。

しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

フィトリフトって凄いの?口コミや効果を徹底検証
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です