リナでまほちゆ

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。

現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
シズカゲルって凄いの?口コミや効果を徹底検証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です